前へ
次へ

営業求人で転職者は何を最重要課題とするか

営業求人では、一匹狼として行動する営業マンより、チーム・組織として行動できる営業マンが求められているようです。
転職を考えるならば、理想は25歳からプラマイ5歳までです。
実際、営業メンバーとして活躍するのはそうした若手が目立ちます。
営業部への就職イコール未経験でも採用されやすいものの、かたや転職イコール経験値が必要になるのが実情です。
在籍する営業メンバーについても情報を集めておきましょう。
特に、若手で家庭持ちというのも後々、結婚や育児、介護の面でポイントになるでしょう。
営業求人広告などには、今までの経験は問わない、人柄をみて採用するような謳い文句が並びますが、「最重要視」する内容はどこなのかを考えてから面接を受けさせてもらいましょう。
今よりもっと稼ぎたいのならば、業績次第、自分の能力次第です。
人と関わる仕事がしたいのならば営業職に向いているでしょうから、営業求人を出す企業もそうした転職者ならば採用に積極的になるようです。

Page Top